まぎれもなく、僕の日常。

アイドルヲタクと介護とオナベ。

【元都知事のツイートに傷ついたので自殺します】の話

こんにちは、お久しぶりなユースケです。

最近何してましたか?という質問に対して「熱中症にかかってグロッキーになっていました」と言えるポテンシャルの高さ。人は汗が出なくなるとやばいそうです。改めて点滴の効力に驚きと敬意。有り難や、ありがたやでございました。

 

さて、久々の死にたみ案件です。元東京都知事石原慎太郎氏がツイッターでヘイト発言。

 

これを元都知事という立場で言えることが逆にすごいと思います。哀れみの意味を込めて。怒りを通り越して呆れです。今日はこのツイートについてのブログです。

 

 

「間接的人殺し」が重い罪にならない日本。

いじめによる自殺、アウティングを苦に自殺、社会的殺人。このどれもが「本人の心の強さ」に話題をすり替えられ、いじめた奴らは重い罪にならないのが日本です。そして、それは学校や会社などの小社会単位ではなく、こうして公人の立場で平然と発信できてしまうという自覚の低さにも問題があると思います。

 

いいですか?公人や影響力のある人が差別やヘイト的な発信をすると社会の中の一定の勘違い野郎どもが「差別してもいい」「人を傷つける発言も、言論の自由だ」みたいなゴミのような思想を持ってしまう。そして、社会の中で生まれた思想が、また学校や会社などの小社会の中で人を苦しめ、間接的に人を殺してしまうのです。

直接手を下していなくても簡単に人は殺せる。それは、心を殺せばいいだけの話。肉体は魂の入れ物だとすれば、魂が傷つき心が壊れればその入れ物もいらなくなるから自殺をする。それだけのことなんだと思います。

 

そしていじめた奴、傍観者、ヘイターたちは言うのです。「そんなつもりはなかった」と。超卑怯だし超カッコ悪いしゴミだと思ってしまいます。テヘ。

べつにね、同性愛者や性同一性障害の当事者に対して、嫌悪を抱くのも無理解なのも仕方ないと思うんです。人それぞれだから。ただそれが、人を傷つけていい理由になるんですか?理解してくれなくていいからせめて黙っていて欲しい。そう思います。

これ以上、ヘイトスピーチで傷ついて自ら命を立つ人を増やさないで欲しい。

 

 

マジョリティはいつから人の人生に意見を言える立場になったのか。

インタビューで聞かれたことがあります。「佐藤さんは同性婚に賛成ですか?反対ですか?」と。その人に「誰が反対する権利があるんですか?」と聞いたら黙っちゃったんだけどね。

障害者やLGBTが社会の中で権利を不当に奪われている。誰もが結婚するかしないかを選べる権利があるはずだし、自分の性別について言いたくない人もいるし、それは性的マイノリティにかかわらず、自分の人生において最善、最良の選択肢を取れるようにすることが基本的人権の尊重だと僕は思う。

 

元都知事はその辺勘違いしている。そして、自身の中にあるヘイト心を「世の中」という主語にすり替えて正当化しようとしているところもまたカッコ悪い。

百条委員会で「言葉を忘れてしまった」と言っているにもかかわらず、こんなに立派にヘイトツイートしているということは、リハビリの成果なのだろうか。

氏は数年前にも性的マイノリティに対し差別的な発言をしたが、未だに同じことをくりかえしている。それこそ「社会の衰退」なのではないかと思う。

 

 

 

こういうことがあったという備忘録として。

ユースケ。