まぎれもなく、僕の日常。

アイドルヲタクと介護とオナベ。

6回目の3・11

こんばんわ。いつもブログ読んでくださってありがとうございます。ゆうすけです。

今日は3月11日。6年前、東日本大震災があった日です。

 

たくさんの方が犠牲になりました。正直、現代の日本で戦争以外にあんなに多くの方が犠牲になることがあるなんて思ってもいませんでした。天災は怖い。今でもそう思います。

「震災から多くのことを学んだ」けれど、それを学ぶためにこんなに多くの犠牲が必要だったのかなって今も思います。

戦争も震災の犠牲も、繰り返さないように僕らは生きて伝えていかなきゃいけないなって思います。それは生きている人の責任だと思います。

 

さて、毎年この日になると、僕は同じことを書き続けています。今年も懲りずに同じことを書こうと思います。

 

 

「前を向こう」「立ち上がろう!」「一歩踏み出そう!」という言葉に押しつぶされそうになる人がいます。みんなが元気づけてくれるのも、応援してくれているのもわかるけど、前を向けない人だっています。それは、突然家族や友人、大切な人を失ってしまった痛みと、寂しさと、あと、、言葉には表すことのできない大きな感情がそこにあると思っています。

前を向くこと、立ち上がること、元気になることが「強さ」だとされるのなら、強くならなくたっていいと思っています。ただ、あの震災の中を、そして震災後の今、こうして生きている人には、生き続けてほしいとおもいます。誰かを失ったこの世界に希望が持てなくなってしまったとしても、命は捨てずにいてほしいなって思います。

生きていたらきっといつか、生きててよかったと思える日が来ると思います。そしてその日が来たら、生きているということを誰かに伝えてほしいって思います。一人ひとり、あなたにしか見えない景色があって、あなたにしか紡げない言葉があるはずだから、それを伝えてほしいなって思います。

 

おととし、これを書いたらいくつかのメッセージをもらいました。

「前を向けない自分でもいいんだ」って思ってくれた方が何人もいたようです。

 

今年も、誰かに伝わったらいいな。

 

この日をいつまでも、忘れない世の中でありますように。