読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぎれもなく、僕の日常。

アイドルヲタクと介護とオナベ。

インフルエンザ大流行!改めて知っておきたいインフルエンザとノロウイルスの対処法。

こんばんわ。ゆうすけです。

 

インフルエンザが大流行していますね。皆さんは大丈夫ですか?介護施設に勤務していた時は、この時期かなり気を張っていました。利用者さんだけじゃなく、職員もバタバタと倒れていくもんですから、リアルバイオハザード

ノロウイルスも怖かったですね。少し便が緩いと「ノロ!?あなたノロなの!?」と、トトロに出会ったメイちゃんのような叫びが体中をこだましていきます。

 

ところで皆さん、インフルエンザとノロウイルスの対応ってどのくらい知っていますか?全部アルコール消毒でまかなおうとしていませんか?牡蠣、食べてますか?笑。 実は知らない方も結構いるんです。間違った方法で対処してしまっているかもしれませんね。

 

そこで今日はインフルエンザとノロウイルスの違いについて書いていこうと思います。よかったら参考にしてください。

 

インフルエンザ

 

 

インフルエンザラテン語: influenza)はインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症略称としてインフル英語: flu)がある。多くは上気道炎症状・呼吸器疾患を伴うことで流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、詰めて流感(りゅうかん)と言われる。

季節性インフルエンザには、A型、B型、C型の3種類があり、全ての年齢層に対して感染し、世界中で繰り返し流行している[1]。日本などの温帯では、季節性インフルエンザは冬季に毎年のように流行する。通常、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて4-5月には流行は収まるパターンであるが、冬季だけに流行する感染症では無く夏期にも流行する事がある[2]。A型は平均相対湿度50%以下になると流行しやすくなると報告されている[3]

感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主と言われている。一般的には経口・経鼻で呼吸器系に感染する。飛沫核感染(空気感染)や接触感染など違った形式によるものもある。予防においては、有症状患者のマスク着用が有用であり、飛沫感染防止に特に効果的であるが、形状や機能性などによっては完全に防げない場合もある。マスクのみでは飛沫核感染や接触感染を防ぐことができないため、手洗い・うがいなどの対策も必要である[4][5]。最も感染を予防できる方法はワクチンである[1]抗ウイルス薬も存在するが、ウイルスはすぐに耐性を獲得する[1]

 

これが概要。そして、インフルエンザには「アルコール消毒」が効果的。手洗いの後にアルコール消毒をするだけで感染率、媒介率がだいぶ落ちるそうです。

また、今年のインフルエンザは感染力が強く、発熱も37度台の人もいるそうです。いつもの風邪と違う、関節が痛い、周りに感染者がいるという方は早めに病院へ!

 

 

ノロウイルス

 

 

 ノロウイルスNorovirus)は、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一である。感染者の糞便や吐瀉物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染するほか、河川を経由して蓄積された貝類の摂食による食中毒の原因になる場合もある。ノロウイルス属による集団感染は世界各地の学校や養護施設などで散発的に発生している。「NV」や「NoV」と略される

感染経路

ノロウイルス属(ノーウォークウイルス種)による感染症経口感染が原因で、その感染経路から以下に大別できる。

  1. 飲食物からの感染(感染型食中毒)
    a. 食中毒:ウイルスを蓄積した食材およびウイルスで汚染された食品を喫食して感染。
    b. 水系感染:水道水、井戸水などがウイルスで汚染され、その水を飲み感染。
  2. ヒトからヒト
    c. 感染者の糞便や吐瀉物から便器や手指を介して感染。(ドアのノブなどからもウイルスが発見される事例がある)
    d. 感染者の糞便や吐瀉物に排出されたウイルスが付着し、飛散した飛沫から空気感染。(飛沫感染或いは塵埃感染とも呼ばれる)
    e. 感染者が十分に手を洗わず調理した食品を食べ感染。(エタノールや逆性石鹸に対する抵抗性があり、水道水に含まれる塩素にもある程度の耐性を持っているため、洗浄が不十分になりやすい)

 

 

よく、二枚貝を食べて感染するといわれているのがノロウイルス。医療従事者や飲食店などではカキを食べることを禁止されている人もいるのではないでしょうか。(僕もスシローでバイトしてた時に必ず出勤時に聞かれていました。)

 

ノロウイルスに対してはアルコール消毒は効果が薄いです。次亜塩素酸系の液体を使うことをお勧めします(ピューラックスとかハイター)

 

家の中で嘔吐してしまった場合には、ウイルスが飛沫しないように上から新聞紙等をかけ、その上に次亜塩素酸系の液体をかけるのがおすすめ。乾燥するとウイルスがかなり飛びますので早めの対応を。トイレなどで下痢嘔吐した場合も、マスク、手袋をして次亜塩素酸系の液体を薄めて拭き掃除するようにしましょう。

 

また、高齢者や児童の場合、下痢や嘔吐でかなりの水分を持って行かれるので水分補給はこまめに行いましょう。最悪の場合は病院で点滴しましょう。

 

 

以上、簡単にではありましたが、インフルエンザとノロウイルスの対処法でした。

この冬健康で乗り切ろう!(僕は風邪気味)

 

 

それじゃ!