読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぎれもなく、僕の日常。

アイドルヲタクと介護とオナベ。

先日の飲み会で「介護保険なんて一回崩壊すればいいのに」って思った話

こんばんわ。介護福祉士兼オナベの悠祐です!

 

 

さて、先日の飲み会の二次会で水澤さんと深くお話ししたときに改めて思ったことがあります。

 

f:id:takarabito:20170109191039j:image

この飲み会ね。

 

で、何を思ったかというと「介護保険なんて一回崩壊すればいい。」という事。

 

今の介護保険では

要介護5の人にはこの予算

要介護1の人にはこの予算って、介護度毎に予算が決まっていて、使える点数やサービスも変わってきます。でも、訪問介護をやっているとつくづく思うのは「要介護1でも生活レベル低すぎじゃない!?」って人がめちゃめちゃいるって事。

 

例えば、歩ける、たべれる、喋れる。けど部屋めっちゃ汚いって人。介護度は低いかもしれないけど、健康で文化的な生活を送れていない。

 

逆に、歩けない、食べれない、喋れない。って人でもそんなに介護サービスが必要じゃないって人もいる。

 

 

それぞれの生活を見ずに、介護度だけで予算を決めてしまうのは違うんじゃないかなって思う。

 

この人にはこういうサービスが必要です、だからこれだけの予算を立ててください!

ってしたほうがいいと思うんだなぁ。

 

それってのは難しいことなんだと思うけどさ

それが理想だなってのも思うわけですよ。

 

 毎年夏に利用負担上限額が増えたり割合負担が増えたりするたびに思う、お金がないんじゃなくて使い方が違うなって。

 

 

 

とか言ってる僕も介護保険についてまだまだ知らないこともあるから常に勉強だな。