まぎれもなく、僕の日常。

アイドルヲタクと介護とオナベ。

辛そうな人だけが、自殺するんじゃないよ。

こんばんわ。
佐藤悠祐(@sln_tokyo )です。

 

今日は上智大学で講義をしてまいりました。

またそのお話は団体のブログ( Startline.net official Blog )に書いていこうとおもいます。

 

 

今日の講義の中で、自殺した友達について触れました。僕と同じFTMの子でした。

その子の話をしながら、近年多発するいじめからの自殺についてや、毎年3万人以上が自殺してしまう日本のことについて考えていました。

 

テレビの中では大人や専門家たちが

匿名で守られた犯罪者たち(いじめっ子)についてや教育現場の問題について話をしています。

日本には自殺予防月間なんてのもあり、

自殺予防する前に社会を変える努力をすればいいのにと介護事故の要因と原因の区別もつかないような人に対する気持ちと同じ思いを抱えてしまいます。

 

 

自殺する人=辛そうな人、ではないんですよ。

 

僕の友人も、前日まで何も変わった様子もなく

来週、来月の話もしていましたし

将来の話もしていました。

 

そんな矢先に彼は死を選びました。

 

自分でも情けなくなるほどに

彼の変化には気づかなかったし

きっと彼も周りに変化を出していなかった。

というか、もしかしたら自殺するつもりなんてなかったのかもしれない。

 

ほんの一瞬、突発的な…そう、発作みたいに

自殺願望が出て、帰ってこれなかったんだと

 

まぁ今となっては何もわからないけど

僕はそんな感じがしています。

 

 

 

 

今日の講演はめっちゃ楽しかった。

本当に本当に、泣けるくらい楽しかった。

社会福祉士を目指す学生さんが

あんなに真剣に話を聞いてくれて

いろんな意見を出してくれて

しかも、自主企画の講演ということで

問題意識を持ってくれたことも

本当に本当に、嬉しくて、楽しかった。

 

もし

あのときも

そんな人たちがたくさんいたら

彼は、もしかしたら。

 

彼らは、もしかしたら。

 

 

うん、明日からも頑張るよ。

この歳になっても、理由とかうまく言葉にまとまらないけど

とにかく頑張る。

 

おわり。

 

f:id:takarabito:20161109224834j:image


----------------------------
多様性のある福祉社会を!
NPO法人 Startline. net
代表 佐藤悠祐 (^ ^)

1991年 八王子市出身
小学生の頃から自身の性別に違和感を感じ
自分は変な人なんだと悩みながら暮らす。
性同一性障害という言葉に出会い、
当事者との出会いをきっかけに
自分らしく生きることを決め
周囲にカミングアウト。
現在治療をしながら、男性として
社会生活を送っている。
介護福祉士、サービス提供責任者
SKE48が好き。

web:) www.startline-net.jimdo.com
FB:)https://m.facebook.com/startline.net.lgbt

福祉、介護業界に特化した
LGBT研修やってます( ´ ▽ ` )
お問い合わせはお気軽に♪