まぎれもなく、僕の日常。

アイドルヲタクと介護とオナベ。

一人でも生きていけるようにするための支援なんて僕はしたくないんだなぁ。

こんにちはー!
佐藤悠祐(@sln_tokyo )です!!

f:id:takarabito:20161004090125j:image

訪問介護の仕事をしていて、
障害を持つ子供のところにも
訪問したりするのですが、よく言われるのが
「この子が一人で生きていけるのか不安で…」
というセリフ。

言いたいことは分からなくもないんです。
親の方が先に死ぬ確率の方が高いし
自分がいなくなったらこの子は…
って思うのも当然のこと。

でも、ちょっと考え方を変えてほしいなと思うのは
一人で生きていかなきゃいけない!
なんてことはない、ってこと。

だって、そのために僕ら介護福祉士が居るんだし、できないことが分かっていれば、いくらだって仲間が作れる。

だからそう言われたら

「大丈夫ですよ、○○君は一人で生きていかなきゃいけないわけじゃないですから。たくさんの人に囲まれて、笑って過ごせるはずですから。」

ってお伝えしています。

これは、高齢者の方でも同じこと。

自立支援って、なんでも一人でできるようになることじゃなくて、
できるところはやってもらう。
できないところはお手伝いする。
そのラインを見極めて支援することだと思っている。

助けてください!
そう声を上げた時に、手を差し伸べられる人が
周りに何人も何十人もいれば
きっと、この世界は怖くない。


一人で生きていかなきゃいけない!なんて思わないで。
誰かと一緒に生きていこうぜ!
そっちの方が、あったかい。

おしまい

----------------------------
多様性のある福祉社会を!
代表 佐藤悠祐 (^ ^)
f:id:takarabito:20161004142651j:image

1991年 八王子市出身
小学生の頃から自身の性別に違和感を感じ
自分は変な人なんだと悩みながら暮らす。
性同一性障害という言葉に出会い、
当事者との出会いをきっかけに
自分らしく生きることを決め
周囲にカミングアウト。
現在治療をしながら、男性として
社会生活を送っている。
介護福祉士、サービス提供責任者
SKE48が好き。

web:) www.startline-net.jimdo.com

福祉、介護業界に特化した
LGBT研修やってます( ´ ▽ ` )
お問い合わせはお気軽に♪