まぎれもなく、僕の日常。

アイドルヲタクと介護とオナベ。

3月9日ということで、佐藤の好きな卒業ソング5選!

こんばんわ!いつもブログ読んでくださってありがとうございます。卒業シーズンのユウスケです!

 

さて、3月は卒業シーズンですね。小学校、中学校、高校、大学、専門学校など、いろんなところから旅立ち、新たな一歩を踏み出す人も多いと思います。そしてそれを見送る人も。卒業するってのも寂しいんですが、見送る側もめっちゃ寂しかったりするんですよね。

そんなときに聴きたくなる歌ってありませんか?僕はあります。いっぱいあります。

 

というわけで、僕の好きな卒業ソングを5つ紹介したいと思います。

f:id:takarabito:20170305223711p:plain

 

第5位 青春の輝き/carpenters

これは個人的な思い入れでこの順位です。僕の通っていた高校の吹奏楽部の定期演奏会って、この曲を在校生が演奏して、卒業生の呼名をするのが定番になっていて、この曲聴くと自然と涙が出てくるんですよ。

歌詞の意味とか本当はよくわかっていませんが、好きな曲です。ぜひ吹奏楽バージョンも聞いてみてください!

 

第4位 友~旅立ちの時~/ゆず

いいですよねこの曲。友達の大切さを改めて実感するというか、友情って、目に見えないじゃないですか。それが、こうやって歌になると改めて友情っていいなって思うんです。

明日の行方なんて 誰にもわからないさ

風に揺れる 花のように

確かめ合えたあの日の 約束胸に信じて

未来へ歩いてゆくよ

 っていう歌詞がものすごく好きなんです。前に友達って必要ですか?って聞かれたことがあって、漠然とした答えしか言えなかったんですが、今思うのは「友達や仲間がいると一人じゃ見られない景色が見える」って思います。だから友達は大事にしたいと思ってます。

 

第3位 証/flumpool

この曲は、NHK全国合唱コンクールの課題曲として作られた曲です。リリースされたのが2011年。東日本大震災があった年です。歌詞に何となく震災のことを重ねてしまうのですが、最近は卒業ソングとしていろんな学校で歌われているそうです。

またねって言葉の儚さ 叶わない約束

いくつ交わしても慣れない

なのに追憶のかけらを 敷き詰めたノートに

君のいないページはない 

 ここを聞くといつも、特養で看取った方々を思い出しちゃうんですよね。「また明日」なんて儚いものだなと。だから一日一日後悔しないようにいきたいって思います。

 

第2位 3月9日/レミオロメン

色あせないですよね。この曲。1リットルの涙の時に出された曲だからもうずいぶん経ってると思うんですが、いまだに人気。そして僕もよくカラオケで歌います。

PVには先日引退された堀北真希さんが出ています。

卒業式って永遠の別れじゃないってわかってるのになんであんなに悲しいんだろう。

 

第1位 それを青春と呼ぶ日/SKE48

 

僕の中の王道一位です。

SKE48からフロント級のメンバーが大量に卒業した年がありました。その時の卒業メンバーが歌っています。

ありがとう 多くの仲間よ 見守る人よ

何故だろう この頬を濡らすのは 寂しいから

ゆっくりと上を向いて涙我慢して笑う

もっと素敵になって会おうね

それを青春と呼ぶ日が来た

 

という歌詞が好きです。思い出は過去になるし、今過ごした日々もいつかあれは青春だったと呼ぶ日がくるんだと思います。

今を大切にしないとね!

 

 

いかがでしょうか。みなさんの好きな曲はありましたか?

みなさんの思い出の卒業ソングも教えてください\( 'ω')/

失恋したときに聴きたい、佐藤の趣味嗜好が詰まった歌5選

こんばんわ!いつもブログ読んでくださる皆さんありがとうございます!

ゆうすけです。

 

皆さん失恋してますかー!(おぉー!)

当たって砕けてますかー!(おぉー!)

 

いいですね。僕も毎日失恋しています(盛った)

今日は、そんな失恋大魔神の僕が失恋したときに聴きたい歌ベスト5をご紹介したいと思います。皆さんも今後失恋したときに参考にしてみてください(厄介)

 

おすすめ失恋ソングBEST5!

第5位 君じゃないだれかなんて~Tejina~/DEEP

僕とカラオケに行ったことのある人なら聞いたことがあると思います。王道の失恋ソングです。

愛する人よ 叶わぬ恋よ

片想いのくせに なんで・・・

さよなら言えない 僕を許して

君じゃないだれかなんて 意味がないよ。

 という切ない歌詞が好きで曲調も哀メロなので浸れます。ひたすら浸れます。ボーカルの方の声も素敵です。LDH所属ということで、EXILEグループが好きな方は、好きな声、歌い方の歌手だと思います。

 

 

第4位 恋/星野源

「もういっそ振り切ってみよう」というメンタルに達したときに聴きたい歌。

「恋するってやっぱりいいな」「また好きになれる人と出会えたらいいな」と思って明るくなれます。失恋初期には明るすぎる曲も、失恋後期になるとちょうどよくなってきます。僕には(笑)

恋せずにいられないな 似た顔も虚構にも

愛が生まれるのは 一人から

の部分がすごい好きですね。相手に好きになってもらおうって思うより、自分がいとおしいと思える人と出会いたいものですね。

 

第3位 電照菊/かりゆし58

かりゆし58は沖縄出身のアーティストさんで「アンマー」や「ナナ」といった曲が有名かと思いますが、電照菊もいい曲。落ちサビ前の

電照菊の光が 届かない街の夜はあなたを

どんな気持ちにしますか 今ひどくあなたの声を聴きたいよ

という歌詞が好きです。たぶん、沖縄から上京してしまう彼女に向けた歌で、状況を機に分かれてしまったんだと思います。ミディアムテンポで暗くなりすぎず、普段も聞きやすい曲で僕もよく聞いています。

 

 

第2位 車輪の唄/BUMPOFCHICKEN

Bumpは歌詞先行で好きになることが多いのですが、この曲は曲調先行で好きになった思い出。これも電照菊と一緒で、恋人が遠くに行ってしまうことで別れてしまう歌。

何万歩より距離のある一歩 踏み出して君は言う

約束だよ 必ずいつの日かまた会おう

答えられずうつむいたまま 僕は手を振ったよ

のところが好きです。「何万歩より距離のある一歩」とかめっちゃ名言だと思ってます。何万歩より距離のあるって!!何万歩より距(ry

 

第1位 サヨナラの意味/乃木坂46

乃木坂46 16thシングルで、橋本奈々未さんの最期の参加曲です。卒業に際しての歌なのですが、歌詞は失恋後の状況と重なるのでこの曲を1位にしました。

さよならは通過点 これからだって何度もある

後ろ手でピースしながら 歩き出せるだろう

君らしく・・・

さよならに強くなれ この出会いに意味がある

悲しみの先に続く 僕たちの未来

始まりはいつだって そう何かが終わること

もう一度君を抱きしめて 本当の気持ち問いかけた

失いたくない 守りたかった愛に代わるもの

秋元康さんってすごいなって思いますね。48、坂道グループ含めて名言ぽいフレーズが多くてすごい好きなんですよね。「悲しみの先に続く僕たちの未来」っていうフレーズがとっても好きで、悲しいこととかそれこそ失恋したってその先にも未来があるんだっていうのを考えさせられますね。いつまでもうじうじしていちゃいけないですね。

 

 

以上、皆さんの好きな曲とかありましたか?また、おすすめの曲とかあったら教えてほしいなって思います!

 

以上!キートス!

 

自分が本当にやりたいことから逃げる言い訳なんていくらでも思いつくんだよね。

こんにちは。いつもブログ読んでくださりありがとうございます!悠祐です(゚∀゚)

 

数日前に介護の仕事を辞めたブログを書きました。何人か連絡くださって、励ましてくださりました。ありがとうございます。

特に落ち込んでいる感じはないのですが、悩んではいます。それは今まで逃げてきたことに向き合わなければならないと思っているからです。

 

 

話は飛びますが、僕は小説を読むのが好きです。昔からミステリー小説を読むのが好きで、それがこうやって文章を書くのに役に立っているなと感じることも多くあります。

 

僕が小説を読むのが好きな理由は二つあって、一つは、余計なことを考えなくて済むこと。

もう一つは、自分と向き合う必要がないことです。小説の中に自分は出てこないので、自分という存在を抜きにしたストーリーに没頭するのは心が休まります。

 

対人援助職は自分と向き合わなければならない場面が多くあります。自分の感情をセーブしたり、自分が行なっているケアについて見直したり。常に目の前の人のこと、自分のことを考えるから頭が疲れてしまいます。僕は。

だから、小説を読んでいるときはスッとするんです。

 

 

で、話は戻りますが、自分のことを考えるのがあまり得意じゃないというか、向き合うことから逃げている自分がいました。簡単なんですよ、考えることから逃げること、やりたいことから逃げることなんて。

でも、ずっとそれじゃダメなんですよね。

仕事を辞めた今、自分が本当にやりたいことをやれたらいいなと思っています。それには、自分と向き合う必要がある。今までとは別の角度から。性別のことでは死ぬほど向き合ったけど、仕事となると話は別。

 

いま、やりたいことはあるんです。

そしてその方向に進んでいます。ゆっくり時間をかけて向き合っていこうと思っています。

 

夢はぶれずに

「福祉の力で寂しいと思う人を減らすこと」です。過疎高齢化地域の福祉やコミュニティのあり方と活用について自分なりに研究していきたいと思っています。  

 

 

なんか、薄っぺらくなっちゃうけど

頑張ります。

 

スケートしてきたんだけど超面白かった。全然滑れなかったけど。

こんばんわ!いつもブログを読んでいただきありがとうございます。悠祐です。

 

今日は、スカイツリーのふもとでスケートをやってきました。

events-news999.com

 

これです。

 

ワタクシ、人生初スケートでございます。

ちなみに運動神経は全くよくないですし、100メートルのタイムは18秒87。唯一できるサッカーもゴールキーパーでした。バスケのフリースローだけはできますがドリブルシュートになると全くできずにそのころついたあだ名が「壊れたロボット」でした。

そんなぼくです。結末は皆さんお分かりになると思うので、ここでは言いません。(笑)

 

 

やっぱ言います。

1回しか転ばなかったよ。最後は手すりなしで1周できたよ。ずっと内股だったよ。生まれたての子豚だったよ。子鹿だよ。

ずっと「昔川飛びしてたからバランス感覚はいいの。滑れないけど、バランス感覚はいいのよ。本当に。バラン(ry」って言ってました。皆さん聞き飽きたと思います。

 

日曜日に行ったからか、子供連れが多く、カップルも多かったです。

 

「ほら、すべってみろよ」

「えー、こわいー♡」

「いいから、手、繋いでてやるから」

「転んでも起こしてくれる?」

「バーカ、受け止めてやるよ」

「・・・(照」

 

みたいなやつらがいたら真ん中突っ切ってやる!と言っていましたが、そんな余裕なかったし多分そんな人もいませんでした。武井壮に似てる人はいたけど。

 

そんなこんなでスキーを終え、ソラマチ散策、スカイツリー展望台へ。

大人な一日を過ごしたって感じでした。

 

 

たのしかったー。

スケートはまだやってるみたいなんで皆さんよかったら行ってみてください!

お得なチケットも発売中!

www.tokyo-solamachi.jp

 

いったら感想教えてね!

 

 

それじゃー!キートス!

 

仕事をほとんどしていない今の状況について考えてみた。

こんにちは。いつもブログ読んでくださってありがとうございます。悠祐です。

 

今、僕はほとんど仕事をしていません。アルバイトを探しながら、パソコンでできる仕事をちょこちょこ進めるだけの、そんな生活をしています。

仕事を辞めた時、正直焦りました。「もう自分には正社員は無理なんじゃないか」と思いました。働くということにこんなに焦りを感じるなんて思ってもなかったです。

 

 

 

よく、精神的なことで仕事をリタイアした方に「まだゆっくり休んで」とか声をかけてしまっていましたが、ゆっくり休んでること自体に焦る。働かなきゃ働かなきゃ!ってまじで焦っていました。そう、昨日までは。

 

で、何に固執しているか考えると、やっぱりお金。それが一番焦ってました。でもお金のことを考えてみると「実際いくら必要なんだ?」というのが見えてなかったということもわかりました。生活費(家賃+カード支払い+光熱費)で11万円、食費で2万円、このほかに、保険や税金など。

 

まって、意外に生活できるじゃん😲

 

そうおもったとき、おかねへの執着がふとどこかに消えていきました。

そりゃ、お金も必要だけど、生きていけなくなるわけじゃないんだ。

それに、もし死にそうになったら実家もあるし、介護福祉士の資格もある。

失っていくものばっかり見てないで、自分の手の中にあるものを最大限に生かせば、やりたいことから逃げずに生きていける。

 

という結論に至っています。(笑)

 

今までバカだったなー。

 

お金を言い訳にして自分のやりたいことから逃げてたんだもん。本当にあほ。

 

正社員じゃないし、たくさん仕事しているわけでもないけど、これでいいのだ。

 

 

おしまい。

《読書録No.4》花の鎖ー湊かなえ著ー

こんばんわ。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。悠祐です。

今日も読書録です。

 

今回も、湊かなえさんの小説で「花の鎖」という本です。

f:id:takarabito:20170224024606j:plain

あらすじ

毎年毎年、死んだ母親あてに花が届く。決して安くはなさそうな豪華な花束が。送り主は「K」という人物からだった。その人が誰かわからないまま、梨花は大人になった。そんなとき、がんを患う祖母のため、どうしてもお金が必要になった梨花は「K」に支援を求めて会うことを決める。

 

「あの人を助けると思って。お願い―」イラストレーターの紗月は、公民館で水墨画教室の講師をしていた。ある日、大学の山岳部時代の友人、希美子から手紙が届く。希美子が頼んできた内容は、紗月にとって、紗月の家族にとって触れたくない過去であった。果たして紗月はこの願いを受け入れるのかー。

 

建設会社の同僚である和弥と結婚し、幸せを感じていた美雪。このまま幸せが続いてほしいと願う美雪に、和弥から転職の話をされる。それは、美雪のいとこ・陽介が新しく立ち上げる建設事務所だった。和弥の夢がかなうなら、と送り出した美雪だったが、その結末はあまりにも悲しいものだった。

 

そして、「K」の正体がわかった時、すべての花が、鎖のようにつながっていくーー

 

 

感想

湊かなえさんのお話は、最後にどんでん返しがあるのを知っていながら、まさかの結末に毎回驚いています。花の鎖は、最後の伏線の回収の仕方がえげつないというか、考えつかないような展開に持っていかれたので、思わず人物相関図を書いてしまうほど。人間の思い込みって怖いね。。。

でも、すっきりして読み終わった後は「ふぁ~~~~~!!!」ってなりました。

 

皆さんも是非読んでみてね!

 

花の鎖 (文春文庫) | 湊 かなえ |本 | 通販 | Amazon

 

 

 

 

 

ブログが書けないメンタルになってましたが復活しました。またよろしく願いします。

こんばんわ。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

ゆうすけです。

 

いろいろあってブログを書けないメンタルになってました。久々に大泣きしたし、悩んだし落ち込んだし・・・。それくらい落ちてましたが本日より復活。

 

今まで高齢者介護の仕事に従事しておりましたが、しばらく離れようと思います。障害を持った方への支援の仕事はこれからも続けていきたいと思います。

理由は話すと長くなるし、文章にするのも難しいので、ここで話すことはないと思います。もし直接お会いする機会があればその時にでも聞いてやってください。

 

ただ、介護についての発信や、イベントの参加などは続けていこうと思いますし、20歳で資格を取ってからずっとこの仕事しかしていなかったので、違う視点や視野で物事を考えたり、見たり、感じたりすることもできるのかなと思い、違う仕事につこうと思った次第ございます。また介護の仕事に戻るかもしれないし、そうじゃないかもしれない。ただ、自分が将来的にこうしたいっていうものがあるので、それに向かっていくことには変わりないと思います。

 

というわけで今日からまたブログを更新するので、読んでもらえたらうれしいです。

 

以上です!