読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぎれもなく、僕の日常。

アイドルヲタクと介護とオナベ。

《読書録No.3》 Nのためにー湊かなえ著ー

 今週も1冊読み終わりました。前回と同じ湊かなえさんの作品です。

 

 

 

‐‐‐‐‐あらすじ‐‐‐‐‐

 

ある高層マンションの一室で殺人事件が起きる。殺されたのは二人。その場に居合わせた3人の男女と関係する1人の男。それぞれの証言が事件を少しずつ変えていく。

すべては、Nのために。

 

 

‐‐‐‐‐感想‐‐‐‐‐

 

何年もかけてばらまかれた伏線が2秒で回収される!くらいのスピード感でした。少女もそうでしたが、人間関係って単純なようで複雑だし、複雑なようでシンプルだったりするんですね。むずかしいな。

これ昔ドラマ化されてたんですよね。ちゃんと見ておけばよかったと思いましたが、小説を読んだ今からでも楽しめるとネットに書いてあったのでドラマ見てみようと思います。榮倉奈々さん主演ですもんね。たのしみ。

小説の話に戻りますが、それぞれの話の中で、それぞれの矢印を考えるのが楽しかったです。気づいたら相関図とか書いてました。そんな感じで読み進めてみてください!

そもそも恵方巻きを食べるときの方角って誰が決めるの?節分豆知識。

こんばんわ。いつもブログ読んでいただきありがとうございます!

恵方巻きにつられた男、悠祐です。

 

さて、昨日は節分でしたね。皆さんは節分らしいこと何かしましたか?・・という質問にはいろいろな答えが返ってくるのではないでしょうか。というのも、節分の風習に関しては日本各地でそれぞれの色があるとのことなのです。そもそも節分とは、

 

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる(後述)。

 

という行事だそうです。Wikipedia様いつもありがとうございます。

 

そんな節分で、まず思いつくことと言えば「豆まき」ではないでしょうか。向かいくる鬼に向かって大豆で対抗しようという勇敢な精神は、日本の武士道を彷彿とさせ、また毎年豆をぶつけられるとわかっていながらも子供たちに向かっていく鬼も、懲りないやつだなと思います。

もういっそ桃太郎も「きびだんごで家来を従えて」ではなく「豆持って一人で」鬼が島いけば勝てるんじゃない?と思ってしまうほどです。あはは。

f:id:takarabito:20170205055550j:plain

余計な話はさておき、皆さん豆をまくときに「鬼は~外、福は~内」という掛け声をかけていませんか?大半の地域ではそれでいいのですが、一部地域では違う掛け声がかけられるそうです。その例をひとつ紹介すると、東京都にある真源寺では、鬼子母神がご祭神のため「福はうち、悪魔外」という掛け声になるそうです。

みなさんも、来年に備えて調べてみてください!

 

参考サイト:

allabout.co.jp

 

 

***********************************

 

節分と言えばもう一つ思いつくのが恵方巻き・・・と思いつくのは関西だけだった!?

 

皆さん恵方巻きは食べましたか?最近は中身の具もいろいろと工夫されていて楽しいですね。僕は昔スシローで働いていたのですが節分は太巻きづくりしかしていませんでした。太巻き専用アルバイト、みたいな働き方をしていました。それくらい人気の高い恵方巻きですが、発祥は関西と言われています。江戸っ子のお年寄りに聞いてみると、恵方巻きの風習はなかったと答える方も多いんです。

 

ではなぜこんなに全国で広まったかというと、実は「セブンイレブン」さんの企業戦略がきっかけだったといいます。バレンタインにチョコを渡すのも某社の企業戦略だったように、節分まで、こうして風習になるほどの影響力に支配されていたのです。

 

ちなみに僕の長年の疑問だった「恵方って誰が決めてるの?」に関しても調べてみました。すると、恵方は誰かが決めたものではなく、既に決まっているものだということがわかりました。それはどういうものかというと

十干『(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)』

と言うものがあり、それぞれ方角が決まっているそうなんです。

 

それは、西暦年の1の位によって決まるそうです。

ちなみに

1の位が4・9の年は十干の甲・己があてはまり、その方角は東北東やや東

0・5の年は乙・庚があてはまり、その方角は西南西やや西

1・6・3・8の年は丙・辛・戊・癸があてはまり、その方角は南南東やや南

2・7の年は丁・壬があてはまり、その方角は北北西やや北

なので、今年は北北西でした。

 

ちなみに方角の豆知識ですが、

「ちょっとコンビニでも行こうかしらと思っていたら、うっかり密林に入ってしまい迷ってしまった」という経験をお持ちの方も多いと思います。そんなときは木に生えているコケを見ると方角がわかります。苔が生えている方が北でそれを基準に位置がわかるそうです。金田一少年の事件簿で言ってました。参考にしてみてください。

余談ですが、僕の経験上、方角がわかったくらいでは抜け出せません。ひたすらおねじ方角に進めばぬけられるとは思います。合わせて参考にしてください。

 

********************************

 

以上、節分の豆知識でした。節分の豆・・っ!

 

こうやって調べてから節分を迎えると楽しいですね。もう来年になってしまいますが、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

それじゃ。

 

心機一転!模様替えをしております。

こんばんわ!いつもブログ読んでいただきありがとうございます!

果てしない孫顔、佐藤悠祐です!笑

 

昨日の昼に起きてからずっと眠れなかったので、体を動かそうかとおもい、夜勤前に部屋の模様替えをしました!

 

無印良品の足つきマットレスを使っているのですが、前は足の高さを一番低いやつにしており、ベッドの下がデットスペースになってしまいました。なので今回一番高い26㎝の足をネットで購入し、さらにその高さに合わせた衣装ケースを購入。今朝届いたので早速取り付けてみました。

 

f:id:takarabito:20170203091818j:image

 

まだカバーとか洗濯していたのですが、今後色とかも変える予定です。ちょっと部屋のインテリアに凝ってみようと思っています。みなさんはこだわりのインテリアとか、お気に入りの家具ってありますか?もしよかったら教えてください!

いい感じのお部屋ができた暁には、お友達はぜひ遊びに来てほしいなと思います!笑

 

 

*****************************

 

僕は今訪問介護と夜勤専従をやっているのですが、やっぱり生活リズムが一定にならない仕事をするのは疲れますね。この一年、残業や休日出勤はあったものの夜はしっかり寝て仕事をしていたので、今はまだ身体が合っていないなというのをひしと、、。

無理して「大丈夫」とか言ってましたが、そろそろ風邪ひきそうな予感なので、仕事以外のところでしっかり体調管理をしていこうと思います。食事とか、運動とかね。

 

皆さんはどんな体調管理をしていますか?何かおすすめの方法があれば教えてください。特に夜勤やってる人から教えてもらえたらうれしいなって思います!

 

話は変わりますが、夜勤の日に「今日夜勤だ~」っていうツイートとかを見るとなんだかうれしくなります。一緒にがんばりましょう!って言う気分になりますね。

今晩夜勤のみなさん!一緒にがんばりましょう!笑

 

*******************************

 

INFO

 

*安心介護というインターネットサイトにインタビューしていただき、その記事が掲載されました。ぜひ読んでみてください!

ansinkaigo.jp

 

 

 

*「私が介護に就いた理由」さんにも掲載していただいています!こちらもぜひ読んでみてください!

www.caresapo.jp

2月になりましたので、解禁となりました!皆さん応援ありがとうございました!

こんばんわ、悠祐です。

みなさん。一部地域を除いて2月になりましたね。ということは、僕から重大発表があります。もったいぶらずに早く言いますね。

 

 

禁欲生活終了のお知らせ!!!

 

ありがとうございます~!!!(叫

今日で禁欲生活が終わりました。ホルモン注射を打つ前から、猿にも申し訳ないくらいの性欲があり、さらにホルモン注射を打ってからというもののミドルネームを「ムラムラ」にしたいくらいに性欲が強まっていた時もありました。いまは25歳になり、そこまで強い性欲はありませんが、それでも人並み以上ではあると思っています。

 

そんな僕が一か月禁欲。しかもノリで。ブログで宣言したからには約束破りたくはなかったので、たかしょーともお別れをして、本気で挑んだ一か月でした。

観ない、聞かない、検索しないをモットーに駆け抜けた一か月。ついに今日がやってきたわけです。結果としては達成いたしました!!結果にコミットしたわけです。

 

今日から解放しようと思いますが、今の時点で性欲がわかない。。。

後遺症のようなものですね。(笑)

 

 

さて、今月は「ラーメン食べない月間」にしようと思います。

ダイエットも兼ねて、ストイックに行こうと思います。よろしくお願いします!

1月の総括~ヲタクの魂100まで!~

こんばんわ~。ゆうすけです。

いつもブログを見てくれている皆様ありがとうございます。感謝です。

 

さて、1月も今日で終わります。今年もあと11か月か・・と思うと早いですね。

 

今年もしょっぱなからいろいろなことが変わりました。

まずは職場が変わりました。12月に「明日から来なくていいよ」と言われたその日から、次の就職は正社員にならないで好きなことをしようと決めていたので、今は訪問介護と施設の夜勤専門スタッフとして働きながら毎日自分の好きなように時間を使っています。昔みたいに小説を読んだり、書いたり、団体のことも進めています。また、身体を動かす以外の仕事もするようになりました。今はまだ大きな声で言えるほどのものじゃないけど、自分が書いたものがいろんな人に見て戴けて、誰かのためになればいいなと思いながら日々文章と向き合っております。

 

健康面では、やや不安なこともあり、25歳にもなったので菜食生活を心掛けていたりします。野菜って大事だなと実感しております。野菜生活です。バランスのいい食事と運動を心掛けて、健康に生きていきたいものですね。

 

生活の面では、部屋が絶望的に汚いのでそろそろちゃんと片付けて素敵な生活を送りたいなと思っています。今まで興味はあったけど実践していなかったインテリアにも気を使っていこうかなと思い始めております。頑張るぞ!

 

2017年は精神状態にムラが出ないように生活をすることを心掛けています。何かあった時に落ち込むだけじゃなく自分なりにポジティブに生きていきたいなと思っているので、ネガティブな佐藤を見かけたら「おい、食事抜きにするぞ!」と叱ってやってください。絶対に立ち直ります。光の速さで。

 

また、今月は後輩がいろんなところで活躍していることを知ることもできました。舞台や音楽の道で頑張っている人もいれば、モデルの道で頑張っている人もいて、同じ業種で頑張っている姿を見たりといろいろな偶然があり、とてもうれしく思っていますが、そのたびに自分がどんどん老けていく感じもしております(笑)でも、後輩の活躍は本当にうれしいので、僕に応援できることがあれば応援していきたいなと思います。

 

 

1月はこんな感じで突っ走ってきました。おかげさまでブログも毎日更新することができました。

f:id:takarabito:20170202040457j:image

毎日閲覧数を見ては「今日も読んでくれる人がいるなら書こう」と奮い立たされておりました。2月も毎日更新します!よかったら見てください!

 

それじゃ!

 

 

乃木坂46 17thシングル選抜発表!!

こんにちは!ゆうすけです!

 

f:id:takarabito:20170130152452j:image

 

昨日放送の乃木坂工事中で、選抜発表がありました!今回の選抜は21人。

 

Wセンターで、まいやんとななせまる。

フロントにまなったんが入って、2列目に一実ちゃんがいます。

 

今回のシングルも楽しみです(^ω^)

 

 

そして、ななみん卒業が迫ってきていますね。さみしいねぇ。さみしい。

 

ネットでは「ななみん卒業で乃木坂ピンチじゃね?」なんて言われていますが、SKEヲタクから見れば、まだまだ大丈夫ですよ。誰かが卒業して、終わるかどうかはヲタクにかかってたりします。SKEも、選抜クラスが5人一気に卒業したことがありましたが、大丈夫でした。

 

ヲタクにできることといえば、冠番組をリアルタイムで見ることと、ラジオにハガキを送り続けること。そうすれば大抵の仕事は無くならないはず…たぶんですが。

 

 

ななみんが卒業して初めてのシングル!僕も今回握手会応募してみようと思います!

 

乃木坂ちゃん楽しみだーい!

《読書録No.2》少女ー湊かなえ著ー

読書録です。

 

今回読んだのは、湊かなえさんの《少女》という作品です。

湊かなえさんといえば、ミステリー小説作家として有名な方で、作品もたくさんあり、映画化されている物もあります。松たかこさん主演の《告白》という映画は、当時大きな話題となり、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

以前、告白という小説も読んだことがあり、その他にも《Nのために》や《夜行観覧車》も読みましたが、どれも一気に読んでしまうほど、内容に引き込まれてしまい、予想できない結末や、複線の回収で点と点が一気に線になる感じは読んでいて難しいと思いますが、気持ちよさもありなんとも不思議な感覚に陥ってしまいます。

 

そんな湊かなえさんの作品の中でも、一番の人気作!と言われているのが今回読んだ《少女》という作品。こちらも映画化されていましたね。

僕も映画を先に見てしまったため、小説は初めて読みましたが、何度味わっても不思議な感覚になる小説でした。

 

f:id:takarabito:20170202033711j:plain

 

―あらすじ―

「ねぇ、あんたたち、死体を見つけたことがある?」

幼馴染の主人公、由紀と敦子。ある日東京から転校してきた紫織からこんな話を聞かされる。紫織はまるで自慢するかのように、友人の死を語ってくる。そんな話を聞いた二人はそれぞれ同じ感情を抱く。「私も、人が死ぬところを見てみたい。」

お互いに心のうちは明かさず、どうすれば人が死ぬ瞬間を見れるかと考え、それぞれが出した答えとその行動。そこから不思議と絡まり始める人間関係。二人は、人の死を目撃するのか。そして、最後につながる衝撃の運命とは?

 

 

ー感想ー(ネタバレあり)

 

最期の遺書を読んで、序章は誰が話していたかがわかりました。

誰も、自分の手で誰かを殺すことがない話なのに、人の死と生きてる人たちの人間関係が絡まり愛読者はその紐が解かれていくのを気付かずに読み進めていくというのがとても気持ちよくて最後の遺書を読んだ後にもう一度部分的に読み返し、最後にもう一回初めから読んでしまう、中毒性のある小説です。

あ。さっき、誰かが自分の手で誰かを殺すことはないって言ったけど、殺そうとする人はいました。二人。一人は昴くん。もう一人は、、、読んだことのある人にも引っかかっていた人がいたんじゃないかなと思いますが、由紀のおばあちゃんの教え子の藤岡さん。作中でも「もしかしたらこうなることを予測して・・・」とありましたが、たぶん老人に餅を差し入れたってことは、そうなんじゃないかなって僕は思います。

まあ、二人とも死ななかったけどね。

 

もしこの感想を読んで、読みたくなった方がいたらぜひ、本屋さん、もしくはインターネットで購入してみてください!!

 

それじゃ!