さとうのブログ

好きなことして暮らしています。

今日の佐藤

お仕事終わりんちょ。悠祐です。

 

f:id:takarabito:20171018203405j:image

 

どんぐり拾いました🤤

 

 

 

保毛尾田某の件でいろんな議論が起こっている。
その議論に、アライアンスを表明してくれている人たちも加わっているのはとても素敵なことだと思う。いろんな人が、この問題を通して「LGBTとは?」「アライアンスとは?」「差別とは?」と自分の意見を持ち出し相手の意見とすり合わせたりぶつけたりしている。

面白い。単純にそう思う。

このタイミングで、法人の活動のついて見直してみた。僕は、今なんのために活動をしているのか。
1つはセクシュアリティジェンダーに悩む人のため。1人で悩まず色々な人と出会う中で自分のことを見つめるための知識やロールモデルを吸収してほしい。
1つは介護や支援を受ける人のため。自分がどう生きてどう最後を迎えるか、その中でセクシュアリティジェンダーのことで周りに配慮してほしいことがあるときに、ちゃんと対応できるだけの知識を医療介護従事者に持ってほしいから。
1つは犯罪を減らすため。介護殺人や老老介護による心中はまだ起きている。介護の仕事をしていて、助ける術はあるのに何もできない歯がゆさ。
被害者が加害者に変わってしまう切なさ。そういうのを減らしたい。

僕はいつどんな時も「セクシュアルマイノリティを理解して!」なんて思わない。理解できない人もいる。頭でわかっててもやっぱり「気持ち悪い」と思ってしまう人もいるだろう。それならそれでいいと思う。
その「気持ち悪い」や「理解できない」という気持ちを言葉の凶器に変えて相手に向けなければ僕はそれでいいと思っている。

僕の友達は、オネェのネタで笑うよ。
僕の友達は、僕のことを「まおちゃん」って呼ぶよ(これ本名な)
僕の友達は、「まおは男として見れないわー」って言うよ。
それでも僕の大切な友達。LGBTを理解しているか否かそんなことは僕には関係ない。
僕はその人と一緒にいて楽しいって思う。
傷つくことを言われたとしても、それでも友達。

それでいい。それがいい。

僕の周りにいる人も、僕の目の前にいる人も、
みんな個人。みんなその人。
その人を大切にできれば、その人が笑ってくれれば、僕がトランスジェンダーとか、その人がゲイだとかあんまり関係ないのかもしれない。

保毛尾田事件(?)の僕の着地点

 

こんにちは、名古屋ナウのゆうすけです。昨日、こんな記事を読みました。

 

news.yahoo.co.jp

 

認定NPO法人フローレンスの駒崎さんの記事。僕も知っている人。障害児向けの保育サービスを充実させたり、いろいろとやっていて、その活動は尊敬しているし、次に渋谷にできる「おやこ基地シブヤ」は、僕も行きたいなと思っている。

一方、記事の中に取り上げられているウーマンラッシュアワーの村本さんも知っている。AKBINGOの司会。白石麻衣ちゃんが好きな人。早口言葉みたいなねたが超面白いバイトリーダー。相方さんがラジオでやらかした。それくらいの情報しかないが、結構好きな芸人さん。

 

この記事に関してどちらに賛成とか反対とかはなく「ああ、この方たちはこういう意見を持っているんだ」としか思わなかったです。

意見の食い違いなんてよくあること、同じ目標に向かっていたとしても底までの道のりを「何が最善か」という話になるとまるで違うこともある。駒崎さんも村本さんも「差別賛成!」なんて思っていないだろうから。

 

ただ、この記事をきっかけに、僕の中のもやもやしていたものが紐解けてきたので

そのことだけを書いていこうと思う。

 

 

講演ファシリテーターからはずされた話

僕は数年前にあるセクシュアルマイノリティ当事者団体のお手伝いをしていました。講演のファシリテーターとして、講演のお手伝いをいくつかやらせてもらっていたんです

 

その講演では、自分の体験談をグループで話し合うのですが「僕はセクシュアリティのことでいじめられたことはないし侮辱的なことを言われたことはない」といったら、その団体の方から「次から来なくていいから」といわれました。そのときは自分がやってしまったんだ、と反省しましたが、今思うとなんだったんだあれは、という感じ。

 

そういうことを発信するのも、大事かもしれません。でも僕は「苦しい」とか「つらい」ばかり言うのが苦手でした。それは、僕が悩んでいたときにほしかった情報はそんなことじゃなかったからです。

 

今もし苦しんでいる子に「私も苦しんだ」「世間にはこういう問題がある」「ほかにもこんなに苦しんでいる人がいる」ということより「大丈夫、あなたはあなたの生きたいように生きられる。」「誰かの言葉に傷ついたってそれを癒してくれる仲間もできる。」ということを伝えたかった。その方が明るくなれるかなって思っていたから。

 

 

僕が学生時代悩んだのは、誰かから差別されたせいじゃない。情報とコミュニケーションが不足していたからだったんだ。

僕も周りも、セクシュアルマイノリティが人生をどうプランニングして、サバイブしているのかを知らなかった。

テレビでオネエタレントが笑いものにされたときに「現実は違う、君を差別する人はいない」「もし傷ついても癒してくれる人がいる」と言ってくれる人がいなかったし、どうすれば男として生きていくことができるのか、そういう未来が見えなかったから苦しかったんだと思う。

 

なんだ、僕は現実社会の誰からも差別を受けていないじゃないか。

 

 

今回の問題、フジテレビやメディア、とんねるずに意見を言うのは

ほかの人がやっているので、僕は

『テレビと現実は違う。現実世界であなたを傷つける人はそんなにいないよ。傷ついてもそれを癒してくれる人はいるよ』って伝えていこうとおもいます。

プレミアム名古屋旅(^ω^)

こんにちは!名古屋から悠祐です!

そう!名古屋に来ています!

 

f:id:takarabito:20171011162208j:image

 

Les Misérablesを観劇しに!

帝国劇場の生田絵梨花さんが出る公演は日程が合わず見に行けなかったので、はるばる名古屋の栄に来ました!

 

夜行バスも二列シートにしてリッチ⭐️

もう四列シートには対応できない体力なんです。だから二列。やむおえなくです。

 

名古屋に着いてまず、銭湯に行きました。昨日の仕事終わりにそのままバスに乗ったので、汗臭いと嫌だなと思い。朝風呂でも結構お客さんいてヒヤヒヤしましたが、何食わぬ顔で、何食わぬ態度でやり過ごしました。股間は必死に隠してたけどね。アキラ100%さんより必死だよこっちは!

 

その後は3年ぶりにSKE48カフェへ!

 

古川愛李さんが卒業してから栄にすら来ていなかったけど、最近高柳明音さん熱が再燃しているので来てみました。

 

f:id:takarabito:20171011162649j:image

 

朝ごはん兼昼ごはんです。

 

 

さあ、腹ごしらえしたらいよいよレミゼ

こちらは別エントリーで書きますね!

 

では後数時間の名古屋を満喫してきたいと思います!

 

ガイドヘルパーをして見えたもの

こんにちは!ゆうすけです(^ν^)

 

今日は一日ガイドヘルパーとして、男の子と出かけてきました(΄◉◞౪◟◉`)

 

今まで、高齢者の方とお散歩したり、外食に出かけることはあっても、利用者さんと一日かけてどこかに行くというのはあまり経験がないので、今めっちゃ楽しく仕事をしています。

 

何してる時が楽しいか、次何をしたくてどこに行きたいか。コミュニケーション手段が少ないから、わからないことも多いですが、それでも考えて一緒に遊ぶのは楽しいです。

 

f:id:takarabito:20171008190937j:image

 

今日見たリス🐿

 

さて、数少ないガイドヘルパー経験ですが、障害を持った人と街に出ることを経験していくつか見えてきたものがあるので記録していこうと思います。

 

1、男の人の方がたじろぐ

 

ご夫婦、子連れの方とエレベーターで一緒になると、たいていお母さんや女性の方は「あ、どうぞー」とか「先どうぞ」って声をかけてくれるのに対し、男性は「えっ、あっ」とどうしたらいいのかわからない様子。

きっと、子育てしている人は、なんて声をかけられたらいいかわかる人が多いんだろうなと思った。男の人もたじろぎながらドア抑えてくれたり、道譲ってくれたりと優しい人が多い。

 

あくまで僕の印象ね。

 

2、子供は超素直

僕がガイドしている子はヘッドギア付けてるのですが、今日は子供に「頭につけてるの何?」って普通に聞かれました。お母さんは「やっべ、声かけちまった」みたいな顔してたけど

「これはヘルメットとおんなじ役割をする帽子なの。転んだ時に頭打っても大丈夫なようにね」って説明したら「へー!いいなー!転ばないようにねー!」ってそのままカピパラの方へ去って行きました。

そのとき、お母さんも「あら、そんなのがあるのねー」みたいな顔をしていました。お母さんも勉強になりましたね。

 

この言動を「失礼だ!」ということもできるのかもしれません。でも僕はそうしたくない。

知らなかったから、やってしまうことも聞いてしまうこともある。それは誰だって一緒だと思う。

僕も今まで何人を傷つけ失礼なことをしてしまったか…考えただけでヒヤヒヤしますが。

少なくとも女の子は、バカにしたり貶したりするような言葉ではなく、単純に聞いてきた。それだけだと思うんです。他意はないと。

 

これからも、疑問に思ったことは質問してもらえるような大人でいようと思いました。

 

f:id:takarabito:20171008192803j:image

 

3、バリアフリーなんて嘘。でも。

 

エレベーターはあちらです。という文字に「あら、バリアフリーだわ!」とは思いません。だってそのエレベーターで行くと出たい出口に出られないんだもん!という現象が多々あります。

でもそこであきらめないのが僕。

駅員さんに「すみません、外大きく回るより改札通って向こうに抜けた方が早いので、通してもらえませんか?」とお願いしてみました。すると「あー、そうですよね。エレベーターこっちないですもんね。いいですよ!どうぞ!」って、優しく対応してくれました。

 

見事に時間短縮して、遊びまわることができました。エレベーターがあれば、スロープがあれば、点字ブロックがあればバリアフリーなんていうのは嘘です。半分。

 

じゃあみなさんに質問です。

バリアフリーと言われている施設でも、できないことがあったときどうしますか?

諦めない、人の力を使うの。

 

真のバリアフリーは人の力を使うこと。誰かが100がんばれなくたって、100人で1つずつがんばればいい。だって、地球上に人は何人いると思ってるの?

 

 

f:id:takarabito:20171008193516p:image

 

\74億/

 

2017年10月8日現在。

 

おわり。

 

 

 

 

26歳、最小限で生活します。

おはようございます。ゆうすけです。

さむい、寒すぎる。ついに八王子市が本気を出す季節が近づいてきたことを肌で感じています。

 

f:id:takarabito:20171005070706j:image

 

さて、わたくし9/20に26歳になりました。

       \おめでとう/  

 

ありがとうございます😊

 

26歳になったからといってすぐに何かが変わるわけではありませんが、最近、モノに関する執着心が薄れてきたように感じています。

これまでモノが溢れた部屋で(汚いわけじゃない)生活していましたが、もうモノってそんなに必要ないなと思い、断捨離してます。

 

何でもかんでも捨てるわけではなく、いらないものは捨て、長く大切にできそうなものを買う。食器も家具も服も。

ちなみに今日来ているパーカーは三年前の冬に買いました。ユニクロのパーカー。めっちゃ着心地いい。僕は流行りものとかに鈍感だし、ファッションセンスも皆無なので(上下同じ色を着るのはやめました)じぶんが心地よいと思った服を着ることにしました。カッコつけてジャケットとか着るのはやめる←

 

今年から、モノより知識やつながりにお金をかけることにします。あと食べ物。

ヘルシーをテーマにいきます!(木崎ゆりあさん写真集風)

 

最小限で最高の生活するぞ!

 

おわり。

 

 

--------------------------------------------

◼️佐藤悠祐(26)a.k.a ゆーくん

介護福祉士・乃木坂ヲタ・栄ヲタ

八王子の田舎に暮らしながら障害を持つ人たちと一緒に毎日楽しく遊んでいます。

太ってるけど生クリームは苦手です。

お久しぶりです!

ブログ全消ししました!さとうです!

また今日からコツコツ描いていきます。

 

前に閲覧数が爆上げした記事はもう一度こちらにも書きなおそうと思いますが、日常のあんなことやこんなことを書いたり、介護やセクシュアリティに関することを書いたりします!

 

駅で電車を待つ間に、テレビのCMの合間に、1日の終わりに、よかったら読みにきてください(΄◉◞౪◟◉`)

 

あ!最近カメラ買ったので、それも載せますね!それじゃあ!

 

---------------------------------------------

◼️佐藤悠祐(26)a.k.a ゆーくん

介護福祉士・乃木坂ヲタ・栄ヲタ

八王子の田舎に暮らしながら障害を持つ人たちと一緒に毎日楽しく遊んでいます。

太ってるけど生クリームは苦手です。