読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぎれもなく、僕の日常。

アイドルヲタクと介護とオナベ。

l hava a dream。

僕には夢がある。それは誰もさみしい思いをしない社会を作ることだ。

社会的マイノリティも、貧困に苦しんでいる人も、障害を持っている人も

誰もが与えられているはずの人権が守られ、必要な情報が得られ、社会資源を利用でき

孤独死、介護殺人、虐待のない社会を本気で作りたいと思っている。

 

f:id:takarabito:20170517071709j:image 

 

■自分の生き方を恥ずかしいと思っていた時代

 

僕は性同一性障害の当事者で、生まれは女今男。(フーテンの寅さんみたいww)

今はこうしてブログや講演などで話を出せていただけるようになったが、

昔は、自分の存在は恥ずかしい、隠すべきなんだと思い込んでいた。周りに同じような人はいなかったし、学校の授業でも習わなかった。女の子は男の子を好きになって結婚するのが当たり前だと教わった。

スカートを嫌がる子も、男の子になりたい子も、女の子が好きな友達もいなかった。僕は変なんだと思った。

 

性同一性障害という言葉を知ったけれど、絶望は消えてくれなかった。

むしろ闇は深くなる一方だった。治療、手術、裁判、全てが重く、怖かった。

情報も、コミュニティもない、いや、知らない僕にとって、ぼくの人生はいけないものだって思っていた。

 

ないのをしても消えることのない闇を唯一照らしてくれたのは吹奏楽部というコミュニティだった。

男女じゃない、好きな人も関係のない音楽という共通言語と全国大会という目標で集まった仲間はみんな

ぼくにとってかけがえのない存在だった。心の片隅にある孤独感を除いては。

 

今も大好きだよ。マンダリンのみんな。

 

 f:id:takarabito:20170517071741j:image

 

 

 

■資格目当てだった介護福祉士という職業が見せてくれた世界。

 

介護福祉士になろう。なんて思ってもいなかった。社会科の先生になる予定だった。

ただ、就職活動のことを考え、性別のことを考え、早々に諦めた。その代わりぼくが選んだのは介護の専門学校。

母親が補聴器ユーザー。そのことは僕の人生の価値観を大きく広げてくれた。

手話を習った。点字も習った。福祉施設に通った。障害者の友達も沢山いた。

「好きになった人がたまたま同性だった」という言葉を借りて「友達になった人がたまたま障害を持っていた」という感覚。

 

介護福祉士になってからは、毎日大変だった。対人援助というものがこんなにも奥深く、楽しいことだけじゃないということを身を以て体験した。でも、だんだんと楽しくなってきた。その人を知れば知るほど、できることが増えれば増えるほど、この仕事は楽しかった。

それは吹奏楽に似ていた。沢山練習しても本番は12分間。楽しいことなんて一握り。ただその一握りの持つ大きさと言ったら半端じゃない力だった。だから、仕事は楽しかったし好きだった。先輩は嫌いだったけどね。

 

お年寄りは、だんだんできなくなることが多くなる。高齢、障害、機能低下。自然なことなんだと思う。

その中でも、最後までその人らしさを大切にしたい。それは多分、自分の性別に悩んだ時に「自分らしさ」と向き合ったから、強く思っていたことなんだと思う。できなくなったことがあったとしても、僕らがいればできることがある。

僕はできるだけ「大丈夫」って言えるくらいの知識と技術を持とうと思った。何があっても「大丈夫」と言える強さを持ちたいと思った。

それは今も変わらない。

 

介護福祉士という仕事は私に「誰かがそばにいること」の尊さと力強さを教えてくれた。

 

 

 

■わたくし、ニュースで流れる悲しい話が嫌いでして。

 

虐待、介護殺人、孤独死。連日のようにこんなニュースがテレビで騒がれ、偉い人たちが原因や解決策を話している。勉強になることばかりではないんだけどね。

僕は、圧倒的なつながり不足だと思う。貧困により、本来届くべき情報が届いていない。

ちなみに貧困とは、金銭的なものだけではなく、情報や人間関係、時間や環境など様々な因子が含まれている。その、貧困のせいで人生めちゃくちゃになってしまう人が、果たしてどれだけいるのだろう。正しい情報や必要なリソースを得られずに悲しい結果になるケースがどれだけ存在するのだろう。

 

僕は、見るたびに悔しくなる。知識がまだまだない僕が知っている情報だけでも、救えたことはたくさんある。

「行政のここに頼れたはず」「こんな制度が使えたはず」「こんな繋がりがあれば違う結果になったかもしれない」

そう思うことがたくさんある。

「それが運命」なんて言葉で片付けたくないんです。わたくし。寂しいし悲しいし、なんのために福祉資源があるのかって思う。

 

 

■こんな感じで生きてきた僕がやりたいこと。

 

自分自身がマイノリティだった。そんな僕をまず救ってくれたのは『情報』だった。

先輩当事者の勇気ある発信と活動だった。

だれかが声をあげ、戦ってくれたおかげでできた法律だった。

そしてたくさんのつながりだった。

それがあって今の、ちゃらんぽらんな僕は出来上がっている。

 

「死ぬしか道はない」と思っていた僕を生かしてくれた、そう思っている。

 

だから、

つながりを作りたい。助けてと言える社会にしたい。正しい情報がちゃんと届く道を作りたい。誰も、寂しい思いをしない環境を作りたい。福祉の力で、それを成し遂げたい。

 

 

今、ちょっとずつ動いてます。

いろんな人に協力してもらいながら、一つ目の目標がかなえられそうです。

 

頑張るよ。声をあげ続けるよ。

そうやって、僕がたくさんの人に救われたように、僕も頑張る。

みんなで、頑張るよ。

f:id:takarabito:20170520083058j:image

 

 

東京レインボープライド2017

東京レインボープライド2017、6日7日の二日間、代々木公園でのフェスタに参加させていただきました!!

 

f:id:takarabito:20170511002206j:plain

 

公式発表によると、約11万人の方がレインボーウィーク中何らかの関わりを持ってくれたそうです。すごいですね。

たしかに、当日の代々木公園はびっくりするくらい人であふれ、レインボーであふれかえっていました。パレードも、30組5000人が、渋谷の街を歩きました。すごいですよね、僕も来年は歩いてみたいなって思っています(笑)

 

毎年、この日は会いたい人がたくさん集まっていて、僕は楽しいお祭りだなって思っています。いろんなところで頑張っている人たちが集まって、いろんなお話を聞けて、とても勉強になります。長く活動している方はたくさんヒントをくれるので、僕も頑張らなきゃなあって思います。

 

さて、毎年のことながら今回のパレードも号泣したワタクシ。というのも、今回両親とともに参加したんです。初めて誘いました。

口では、いつも幸せだといっていても、実際僕がどれだけ素敵な人に囲まれて、どれだけ幸せかっていうのは、参加してもらった方がわかってくれるんじゃないかと思い誘いました。ブースをいくつか回って、いつもお世話になっている人たちに挨拶して回りました。そして、パレードのお迎えを家族でやりました。

父はもらった団扇を一生懸命降ってくれていたし、母も手を振って迎えていました。なんかその光景がとてもうれしくて。

自分が親にカミングアウトする前はこんな日が来るなんて思ってもいなかった。親に対して申し訳ないという気持ちがいっぱいで、普通に生きられなくてごめんなさいとか、親の思い描いていた幸せを見せてあげられなくてごめんなさいってずっと思ってた。

それがいま、一緒にこうして参加できてるって思うと、幸せで幸せで。

 

それで、両親が帰った後に泣いてしまいました。ちょっとだけね。

 

 

そんな感じで、去年とはまた違ったレインボープライドを楽しんだのでした。

介護福祉士人生の、とある一日に立つ僕の思い。

こんばんわ。悠祐です。

 

高齢者介護の現場から離れて2か月がたちました。

かくかくしかじかで、その決断をした日からずっと、高齢者介護と自分について考えています。

 

まず、僕が福祉に触れたきっかけは、手話・点字教室に通ったことでした。その中で、視覚、聴覚に障害のある方と仲良くなっていき、その人たちをサポートするお仕事があるんだと知りました。

また、小学校だか中学校に、車いすバスケットボールの選手が来て講演をしてくれたことも僕にはとても刺激的でした。

そんな感じで僕の生活の中にはずっと、福祉というものがそばにあり、それに早い段階で気づき、興味を持っていきました。高齢者に関しては幼いころ祖母の家で一日の大半を過ごしており、周りのお年寄りによくしてもらっていたので、高齢者とのかかわりやお話し、ちょっとしたお手伝いなんかも、そんなに抵抗なくやっていました。

 

そんな僕が「介護福祉士」を仕事にした結果

 

今はお休みをしています。高齢者介護は。

きっかけは、いろいろあったので割愛しますが、超端的に言えば「むなしくなった」です。嫌になったとか、体調を崩したという理由ではないです。

 

元々、高齢者も障害者も分け隔てなく接していたし、相手も同じように接してくれていました。おじいちゃんおばあちゃんは好きですし、かかわること、一緒に時間を過ごすこともとても好きです。

ただ、僕の場合、中途半端な覚悟でそれを仕事にしてしまったことが、今この状況を作りだしてしまった一番の原因だと思っています。

そして今一番乗り越えなきゃいけない課題だと思っています。今後のためにも。

 

介護の仕事は本当に好きで、自分に合っていると思います。

今後も続けていきたいと思っていますが、今この自分が変わらなきゃ、この先続けていくのは難しいと思います。

 

介護の仕事って、本当に大変です。いや、大変じゃない仕事ってないんじゃないかなって思います。世間では3Kと言われていますが、それ自体は否定できない部分もあります。

ただ、本当に楽しいんです。ここまで感情が揺れ動かされる仕事ってあんまりないんじゃないかなって思います。

一番大事なのは《自分》です。いろんな意味で。

 

 

ちょっとしんどいけど、とことん自分の心にある《きれいごとじゃない部分》と向き合っていこうと思います。

 

高齢者介護の世界にまた戻ることがあったら、その時は

今までの僕じゃない、ちゃんと変わった僕で臨みたいですね。はい。

 

以上!きーとす!おやすみ!

 

 

私がコメントを承認制にする理由。

こんばんわー!悠祐です。いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

 

さて、このブログのコメント欄は承認制になっています。コメントをしても承認されないと反映されません。以前アメブロをやっていた時もそうでした。

なぜ僕がコメントを承認制にしているかというと、セクシュアルマイノリティや障害についての記事を書くと、たまに偏差値低めのコメントが来るからです。

僕だけがみる分にはまだいいのですが、コメント欄に書き込まれたコメントを見て、僕と同じような悩みを抱えている人にまで、そのコメントが見えてしまうことで、余計に傷つく人が増えたり、無駄に悲しい思いをしてしまうことがあると思っているからです。

 

本来、このようなブログに偏差値の低いコメントを飛ばしてくるような奴は、まだ生まれて3日くらいしかたっていない知能をしており、わざわざ人が不快に思うようなことを書くことで、注目をされたい、もしくはかまってほしいという、幼児的承認欲求を満たしたい人ばかりなのです。

人を見下すようなコメントをして、自分が偉くなった、強いと思い込みたいだけの、本来相手にすることすら時間の無駄にしかならないような相手ばかりなのです。

 

そんな奴のために、いちいち傷つくのも無駄ですので、承認しない、削除、だけの単純作業で構わないのです。

 

というわけで、このブログのコメント欄は承認制です。もちろん、皆さんに見て貰いたいようなコメントは積極的に承認しますし、コメントくれたらうれしいなって思います。

 

以上です!キートス!

新年度になりましたね!

こんにちは!いつもブログを読んでいただきありがとうございます。悠祐です。

 

今日から新年度!

介護の仕事だと、年度末の感覚ってほとんどないので、新年度と言われてもそんなに感覚がないですWWW

ただ、今年度は大きな目標があるので、それに向かって頑張ろうと思います!

 

短いけどここまで!

もうすぐ今年度が終わりますね。

こんばんわ。いつもブログ読んでくださりありがとうございます!悠祐です。

もうすぐ今年度が終わりますね。うちの法人も総会やって、今年度が締まりました。総会では、根本的に何を大切にしなきゃいけないか、再確認できたと思います。

 

来年度も突っ走っていきたいなって思います。

3期目か。。。

自分たちのやりたいことの先に誰かの幸せがありますように。

《読書録No.5》四月になれば彼女はー川村元気著ー

こんばんわ。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。悠祐です。

 

今日も小説を読み終わりました。

川村元気さんの《四月になれば彼女は》です。

 

f:id:takarabito:20170321014344j:plain

 

川村元気さんといえば、映画プロデューサーとしても有名な方で、君の名はのプロデューサーさんでもあります。また小説《世界から猫が消えたなら》も大ヒットし、小説家としても大変有名な方です。

 

じゃあ感想を。

 

感想

甘い恋愛小説じゃなかったなというのが一番の感想です。それは、別れ方がー、とか、死に別れとかよくあるものじゃなくて、現代のオトナと呼ばれる人たちが感じている恋愛に対しての冷めている感じが表現されていました。

僕は大人になるにつれて、自分の本当の気持ちを隠して影を持っている方がかっこいいという周りの変化に戸惑うようになりました。秘密がある方がいい、冷めている方がいい、オトナな対応ができる方がいい。逆を言えば何でもオープンにして、子供のような人は後ろ指さされやすいということ。

恋愛に関しても、本気で人を好きになることを「かっこ悪い」とか「女々しい」とか言うようになり、この変化はなんでだろうと思っていました。

主人公の藤代は、現代の表面化された「普通」が表現されていると思いました。いい職にもついて、趣味もあって、それなりにモテて、友達もいて。でも、それって本当に「普通」だし、流されてる、自分の意思が弱い、受け身といえばそうも思います。

それって、みんながマジョリティに合わせていく中で社会に適応するために身につけた鎧だし、いろんなものをあきらめて捨てていった《結果》だと思うんです。

それが悪いかといわれると分からないですが、それゆえに藤代は最後まで「迷い」がある。そんな風に感じました。

 

とても読みやすく、頭の中で勝手に実写化してしまうような小説でした。

ちなみに実写化したらキャストは

藤代:古川雄輝

ハル:広瀬すず

がいいなと勝手に妄想しています。(笑)