読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぎれもなく、僕の日常。

アイドルヲタクと介護とオナベ。

介護福祉士人生の、とある一日に立つ僕の思い。

こんばんわ。悠祐です。

 

高齢者介護の現場から離れて2か月がたちました。

かくかくしかじかで、その決断をした日からずっと、高齢者介護と自分について考えています。

 

まず、僕が福祉に触れたきっかけは、手話・点字教室に通ったことでした。その中で、視覚、聴覚に障害のある方と仲良くなっていき、その人たちをサポートするお仕事があるんだと知りました。

また、小学校だか中学校に、車いすバスケットボールの選手が来て講演をしてくれたことも僕にはとても刺激的でした。

そんな感じで僕の生活の中にはずっと、福祉というものがそばにあり、それに早い段階で気づき、興味を持っていきました。高齢者に関しては幼いころ祖母の家で一日の大半を過ごしており、周りのお年寄りによくしてもらっていたので、高齢者とのかかわりやお話し、ちょっとしたお手伝いなんかも、そんなに抵抗なくやっていました。

 

そんな僕が「介護福祉士」を仕事にした結果

 

今はお休みをしています。高齢者介護は。

きっかけは、いろいろあったので割愛しますが、超端的に言えば「むなしくなった」です。嫌になったとか、体調を崩したという理由ではないです。

 

元々、高齢者も障害者も分け隔てなく接していたし、相手も同じように接してくれていました。おじいちゃんおばあちゃんは好きですし、かかわること、一緒に時間を過ごすこともとても好きです。

ただ、僕の場合、中途半端な覚悟でそれを仕事にしてしまったことが、今この状況を作りだしてしまった一番の原因だと思っています。

そして今一番乗り越えなきゃいけない課題だと思っています。今後のためにも。

 

介護の仕事は本当に好きで、自分に合っていると思います。

今後も続けていきたいと思っていますが、今この自分が変わらなきゃ、この先続けていくのは難しいと思います。

 

介護の仕事って、本当に大変です。いや、大変じゃない仕事ってないんじゃないかなって思います。世間では3Kと言われていますが、それ自体は否定できない部分もあります。

ただ、本当に楽しいんです。ここまで感情が揺れ動かされる仕事ってあんまりないんじゃないかなって思います。

一番大事なのは《自分》です。いろんな意味で。

 

 

ちょっとしんどいけど、とことん自分の心にある《きれいごとじゃない部分》と向き合っていこうと思います。

 

高齢者介護の世界にまた戻ることがあったら、その時は

今までの僕じゃない、ちゃんと変わった僕で臨みたいですね。はい。

 

以上!きーとす!おやすみ!

 

 

私がコメントを承認制にする理由。

こんばんわー!悠祐です。いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

 

さて、このブログのコメント欄は承認制になっています。コメントをしても承認されないと反映されません。以前アメブロをやっていた時もそうでした。

なぜ僕がコメントを承認制にしているかというと、セクシュアルマイノリティや障害についての記事を書くと、たまに偏差値低めのコメントが来るからです。

僕だけがみる分にはまだいいのですが、コメント欄に書き込まれたコメントを見て、僕と同じような悩みを抱えている人にまで、そのコメントが見えてしまうことで、余計に傷つく人が増えたり、無駄に悲しい思いをしてしまうことがあると思っているからです。

 

本来、このようなブログに偏差値の低いコメントを飛ばしてくるような奴は、まだ生まれて3日くらいしかたっていない知能をしており、わざわざ人が不快に思うようなことを書くことで、注目をされたい、もしくはかまってほしいという、幼児的承認欲求を満たしたい人ばかりなのです。

人を見下すようなコメントをして、自分が偉くなった、強いと思い込みたいだけの、本来相手にすることすら時間の無駄にしかならないような相手ばかりなのです。

 

そんな奴のために、いちいち傷つくのも無駄ですので、承認しない、削除、だけの単純作業で構わないのです。

 

というわけで、このブログのコメント欄は承認制です。もちろん、皆さんに見て貰いたいようなコメントは積極的に承認しますし、コメントくれたらうれしいなって思います。

 

以上です!キートス!

新年度になりましたね!

こんにちは!いつもブログを読んでいただきありがとうございます。悠祐です。

 

今日から新年度!

介護の仕事だと、年度末の感覚ってほとんどないので、新年度と言われてもそんなに感覚がないですWWW

ただ、今年度は大きな目標があるので、それに向かって頑張ろうと思います!

 

短いけどここまで!

もうすぐ今年度が終わりますね。

こんばんわ。いつもブログ読んでくださりありがとうございます!悠祐です。

もうすぐ今年度が終わりますね。うちの法人も総会やって、今年度が締まりました。総会では、根本的に何を大切にしなきゃいけないか、再確認できたと思います。

 

来年度も突っ走っていきたいなって思います。

3期目か。。。

自分たちのやりたいことの先に誰かの幸せがありますように。

《読書録No.5》四月になれば彼女はー川村元気著ー

こんばんわ。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。悠祐です。

 

今日も小説を読み終わりました。

川村元気さんの《四月になれば彼女は》です。

 

f:id:takarabito:20170321014344j:plain

 

川村元気さんといえば、映画プロデューサーとしても有名な方で、君の名はのプロデューサーさんでもあります。また小説《世界から猫が消えたなら》も大ヒットし、小説家としても大変有名な方です。

 

じゃあ感想を。

 

感想

甘い恋愛小説じゃなかったなというのが一番の感想です。それは、別れ方がー、とか、死に別れとかよくあるものじゃなくて、現代のオトナと呼ばれる人たちが感じている恋愛に対しての冷めている感じが表現されていました。

僕は大人になるにつれて、自分の本当の気持ちを隠して影を持っている方がかっこいいという周りの変化に戸惑うようになりました。秘密がある方がいい、冷めている方がいい、オトナな対応ができる方がいい。逆を言えば何でもオープンにして、子供のような人は後ろ指さされやすいということ。

恋愛に関しても、本気で人を好きになることを「かっこ悪い」とか「女々しい」とか言うようになり、この変化はなんでだろうと思っていました。

主人公の藤代は、現代の表面化された「普通」が表現されていると思いました。いい職にもついて、趣味もあって、それなりにモテて、友達もいて。でも、それって本当に「普通」だし、流されてる、自分の意思が弱い、受け身といえばそうも思います。

それって、みんながマジョリティに合わせていく中で社会に適応するために身につけた鎧だし、いろんなものをあきらめて捨てていった《結果》だと思うんです。

それが悪いかといわれると分からないですが、それゆえに藤代は最後まで「迷い」がある。そんな風に感じました。

 

とても読みやすく、頭の中で勝手に実写化してしまうような小説でした。

ちなみに実写化したらキャストは

藤代:古川雄輝

ハル:広瀬すず

がいいなと勝手に妄想しています。(笑)

もし、明日雨が降ったら。

こんばんわ!いつもブログを読んでくださりありがとうございます。悠祐です。

 

昨日おとといとロングでバイトだったので、足が棒のように・・太さでいうと幹みたいな感じですが、表現としては棒のようになりました。それでも楽しかったのでよかったです。

今日は運営しているNPO法人の総会でした。

来年度、何を大切にしていくかを話し合うことができたので、よかったなと思います。いろいろなことにかまけて大切なことを忘れてしまっていたので、心機一転3期目も頑張っていきたいと思います!

来年は今年よりたくさんのところで講演をしたい!たくさんの人と会いたいし、お話ししたいし、セクシュアリティジェンダーに関することを知ってもらいたい!そんな年にしたいと思います。

 

f:id:takarabito:20170109010339j:plain

 

話は変わって、タイトルにあります「もし、明日雨が降ったら」というタイトルの小説を書きたいと思っています。雨をテーマに4人の物語を書けたらなと。

短編4つなので、難しく考えずに書いていこうと思います。

小説を書いている時間はとても楽しいです。自分のこれまでの人生で知ったことや感じたことを全部振り絞って書くので、ただただ楽しいです。これまで書いた小説を読み返すのも面白い。こんなこと考えてたのかーとか、こんなものを見てきたのかーとか。その都度調べたりもするから知識も増えていくし、本当に、自分の趣味は文章を書くことだなって思います。あと音楽鑑賞。

小説、出来上がったら、出来上がったということだけ報告しますね!(笑)

 

明日も早いので、一実ちゃん見たらねまーす。

 

きーとす!おやすみ!

 

大人の発達障害のテレビを見て、僕も発達障害なのかなって思った。

こんにちは。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

悠祐です。

 

先日大人の発達障害についてのテレビを見ました。最近よく耳にしますよね。大人の発達障害って言葉。それを見てたら僕も当てはまるようなことがありましたので、今日はそれについて書いていこうと思います。

 

www.nhk.or.jp

 

そもそも発達障害って何なんだ?

発達障害は、肉体的・精神的な不全をもたらす慢性的症状らの様々なグループ(障害者の分類)である。発達障害はその個人の生活において様々な困難をもたらし、特に言語、移動、学習、セルフヘルプ、自立生活などでハンディとなるとされる。発達障害は子どもの発育期に発見されることが多く、その人の一生にわたって継続する障害である。
最も一般的な発達障害には以下が挙げられる。
広汎性発達障害 (PDD)
注意欠陥・多動性障害 (ADHD)
学習障害 (LD)
原因については多くは不明である。複数の要素が関係し、遺伝的、胎児期の保健状態、出生時の環境、感染症、環境要因などが挙げられている[2]。原因は多々あるが、たとえば以下が挙げられる。

Wikipedia先生いつもありがとうございます。

 

ようは、一般的に言うと年齢を重ねればできるようになることができない、または発達が遅れてしまうこと、という風に解釈しました。僕はね。

クラスに一人いませんでしたか?

  •  やたら落ち着きがなくていつも動き回ってる子。
  • 忘れ物が異常に多い子
  • ある一定の勉強だけ著しくできない子

たぶんそれを発達障害の傾向がある子だというような判断がされるのかなって思います。

 

そう考えると・・・僕も発達障害の傾向があるように思えます。注意欠陥・多動性障害 (ADHD)の傾向が。

 

f:id:takarabito:20161217151901j:plain

 

僕がADHD傾向だと思う理由

注意力がない

まず注意力がないのよ。忘れ物も多いし、期限守れないこともあるし、遅刻もそこそこするし。しかもめっちゃ対策とかしてるのに。思いつく限りの対策してるのに治らないの。自分でもびっくり。

 

ある一定の分野だけ全く勉強が追い付かない

僕と仲がいい人は知ってると思いますが、数学だけ本当にできない。足し算引き算、掛け算までは何とかなる。割り算は危うい。正の整数だけならまだ何とかなるけどきれいに割り切れないとできない。その先はもう絶望的にできない。三平方とか、図形とかグラフとか、今でも全く理解できていません。

 

好きなことに集中しすぎてしまう

今は乃木坂と小説と日本史の勉強。それが好きになると、一日中ずっとそればっかりやってしまう。これを書いている今も、乃木坂の曲や動画をずっと流してる。しかも同じ曲をいま30回は繰り返してる。小説もいいなと思ったらずっと読んでるし、同じところを何回も読み返す。乃木坂の動画も同じやつばっかり見てる。それで時間を忘れてしまうことも多くある。

 

同じものを見つめてぼーっとしたり、物に話しかけて一人で会話してる

ペットボトルとかに向かって話しかけてずっと会話してる時がある。当然ペットボトルは話さないけど、こっちが一方的に話しかけてる。しかもなでたりしてる。

 

 

これが僕だといえば僕だし、たぶん病院に行ったらADHDって言われる

さっき上げた症状?は、毎日そうなわけでもないし、ストレスフルな時だけと言われればそうだし、遅刻は甘えだといわれれば甘えかもしれないし、数学だってただの馬鹿だといえばそうなのかもしれませんが、

でも多分、病院に行ったらADHDの傾向があるって言われると思う。発達障害の児童をたくさん見てきているので、自分と似たところがあるなというのは結構毎回感じていたことでした。

 

結局、何が障害で、何が障害じゃないかって言われると僕もよくわからなくて、医者に行って診断されたら障害だし、そうじゃなきゃ癖とか性格って思われて終わり。

特に目に見えない障害はそう。性同一性障害だって同じようなことが言えるかもしれない。

 

僕はこうやって自分のことを客観的に見れるけど、そうじゃなくて、自分のことがわからなくて悩んでいる人って実は多いんじゃないかなって思う。だから今回大人の発達障害っていうテレビ番組の反響が高かったんじゃないかな。

今後自分が診断を受けるかどうかもわからないし、これが障害なのかどうかもわからないけど、自分の苦手なことと向き合って少しでも自分が生きやすくなるようにしていこうと思います。

 

おわり!キートス!

 

*************************

佐藤悠祐(さとうゆうすけ)

1991年八王子産の介護福祉士性同一性障害の元女。

好きな言葉は「なんとかなる」 好きなアイドルは高山一実ちゃん。

好きな食べ物は担々麺 好きな飲み物はカルピスソーダ

夢は福祉の力で《寂しい》って思う人を減らすこと!

NPO法人Startline.net 代表理事

mail:positive.carew@gmail.com