さとうのブログ

好きなことして暮らしています。

女性の身体をもって生まれて来た僕の今。

はろー。ゆうすけです。

今日は真面目に書いてみようと思います。

そういうの苦手って言う人はまた次お会いしましょう。



すでにご存知の方も多いと思いますが、僕は26年前、女性の身体をもってこの世に誕生しました。年の離れた姉と両親、僕より年上の親戚たちに囲まれながら、割と自由に育ててもらいました。好きなことはなんでもやらせてくれて、飽きてすぐやめても咎めたりしない両親と、両親より礼儀作法に厳しい姉と犬。そんな家庭の中ですくすく育ち、反抗期もなければ、ぶっ飛んだようなこともしない(多分)子供でした。ただ一つ、性別に関する揺らぎを除いては。

ただその揺らぎも、時間とともにはっきりとしたものに変わり、性同一性障害という名前がつき、治療方法があり、親も応援してくれて、今の生活ができるようになりました。


昔に比べたら精神的にも穏やかで自分の先の人生なんかも考えられるし、何より自分が選んだ場所では自分をオープンにできるようになったので、楽しく生活できていると思います。


そんな僕が最近よく考えているのは、子宮卵巣のことです。御察しの通り、コウノドリの影響です。今回ももれなく泣きました。

吉田羊さんが子宮と卵巣を病気で全摘するお話。

女性として、生殖機能を失うこと、子供を授かっていない人生、孤独への恐怖などが描かれていました。


知り合いに「やっぱり女性として生まれたら産みたいって思うものなの?」って聞いたら「子供を授かりたいっていう気持ちは大きい。結婚したから、とかじゃなくていつかは自分も、って昔から思ってたなぁ」といっていました。そういうもんなんだなって思います。


ここからは「性別変更の意思が変わったわけではない」ということを前提に読み進めていただけると嬉しいです。


僕が戸籍上男性になるためには、子宮卵巣を摘出しなければなりません。

もちろん、残しておいたところで、今後自身で子を授かり出産するという選択はありません。

ただ、もしかしたら生まれてくる命があったのかもしれないとか考えるととても複雑な気持ちになります。


健康体に傷をつけること、症例が多いとはいえ、臓器を摘出するというのは、術後の経過含め、簡単なことではないのはよく知っています。


前に、乳がん患者さんとあった時に「あなたがいらないと思っているものを、私は尊くおもう。交換できたり取り外しできたらいいのにね。」と言われた時にもいろいろとおもうことがありました。

だからその時に決めたことがあります。

それは、乳がんや子宮頸がんなど、様々な病気で悩む女性の力になれるように活動しようって。といっても、今は募金くらいしかできてないけど、少しずつ何かできたらいいなって思ってます。



僕が生むことができなかった命が、巡り巡ってどこかで生を受けることができたなら、その子が暮らしやすい社会を作ることも、できたらいいなって思う。

せっかく女性の身体で生まれてきたんだから(だから嫌なこともたくさんあるけども←)

僕にできることもあるんじゃないかなって模索しながら生きていきます!いぇい!



終わり




誰のせいでもないことへの怒り

はろー。悠祐です。

みなさんコウノドリ見てますか?僕は毎週観てます。そして毎週泣いています。

今まで、毎週泣いたのは「あの日見た花の名前を僕はまだ知らない」だけですので、人生で2回目の「毎週泣く」を経験しています。


「泣ける」ポイントは、僕が生まれて来た時の状況を考えるから、です。自分が生まれた時のことなんて全く記憶にないので、母親に聞いてみました。そしたら喜んでくれていたようなので、ぜひその瞬間に立ち会いたかった。いや、既にいたとも言える。けど見てみたかった。僕が生まれた時のみんなの反応。


ここからが本題ですが、みなさん、コウノドリ見てますか?(2回目)

産婦人科と新生児科が描かれているので、よく「低体重児」「未熟児」「早産」「死産」「障害が残る可能性」などの話が出て来ます。皆さん不安な顔をされ、ドクターやナースが「大丈夫ですよー」と励まし勇気づけている様子は、出産経験も親になったこともない僕でさえ、とてもドキドキしながら見ています。


そして、お母さんの台詞の中に「私のせいでしょうか」や「何がいけなかったんでしょう」など、原因を知りたいというようなものがよく出てきます。実際に原因があるものもあれば、原因不明なものもあります。それでもお母さんは、お腹の中の子の異変を「自分の行いが悪かった」と責めてしまうことも多く、僕が出会ったお母さんたちからも聞いたことがあります。

カミングアウトの場面に立ち会ったときや、親御さんから相談を受ける際にも「育て方が悪かったのか」というお母さんもいます。


みなさん、原因がわからないもの、誰のせいかわからないものに直面した時にその理由を探したがります。理由を見つけてご自身を納得させようとします。


誰のせいでもないものを、

誰かのせいにすれば少し心が楽になるのかもしれません。


誰のせいでもないものを

無理やり理由をつけないと納得できないのかもしれません。


誰のせいでもないものを

運命だなんて受け入れられないことの方が多いかもしれません。


その一因がもし「障害をもって生まれた」「セクシュアルマイノリティだった」ことで「我が子の将来が心配だから」というお母さんやお父さんがいるなら、どうか安心してほしい。

僕の周りにはたくさんのケアワーカーやドクター、ナース、ソーシャルワーカーがいて、これからを生きていく人のために戦っている。


何かをもって生まれてきたのが運命だろうが偶然だろうが必然だろうが、

笑って生きていける社会を作ろうと日夜努力を重ねている人がいる。

そして、笑って生きている人がいる。



これから生まれてくる子供や、今を生きている人たちが少しでも笑って暮らせるように僕も頑張る。がんばるんば。


10年目のヲタク論

やっほー。悠祐です。


僕がヲタクを始めて10年が経ちました。

最初の推し大島麻衣さん。そこから、AKB.SKEを長く応援し、今は坂道グループも応援しております。握手会、総選挙に熱を込めていた時代もありました。使った額は今の年収の3年分くらいになります。それくらい、僕にとって熱中できるのが「アイドル」です。


f:id:takarabito:20171105200606j:plain


これだけ長くヲタクをやっていると、ファンも色々な人を見てきました。

在宅で応援する人、現場に通い詰める人、生誕委員、選挙対策委員。同じアイドルを応援している、という繋がりはとても心地よくファンの人たちと話してるのも楽しかったです。



ただ、どのグループ、どのアイドルのファンにも厄介厨がいて、アイドルに対して「ああしろ、こうしろ」っていう人がいます。

応援の仕方は人それぞれだと思いますが、僕はそういう人たちは控えめに言ってクソだと思っています。


アイドルだって一人の女の子で、苦手なこともあるだろうし、僕らの知らないお仕事もたくさんあるし、それへの準備の時間もある。もちろんプライベートの時間だってとりたいでしょう。

「みんな同じようなボーダーライン」で活動なんてできるはずがない。それはアイドルに限らずみんなそうだと思います。

それに、アイドルの活動がどういうものかもよくわかってないおじさんが、あーだこーだいうなんて、年頃の女の子からしたら「ウザい」って思うと思います。



文句を言われながら活動するより、「がんばって」「応援してるよ!」「かわいいね!」とポジティブな声かけをされた方が応援する側もアイドルさんも楽しいんじゃないかな。



アイドルを応援して10年、僕はこれからも楽しみながら応援していこうと思います!





iPhoneケースかいましたん

f:id:takarabito:20171102151857p:plain




ハロー悠祐です。

iPhone8にしてから一週間。ついにケースを買いました!

ifaceのスヌーピーシリーズ。

今までしろとか黒のケースしか買わなかったので思い切って黄色にしてみました。



大切にします

 


ダイズのちから

f:id:takarabito:20171030120737j:plain


ハロー悠祐です。最近ダイズパワーをお借りしています。

ちなみにおからこんにゃくさんはAmazonで500円くらいでした。


普通のお肉、ではありませんが、味付けで焼くとそれっぽい食感になります。


もしかしたら、お肉と一緒に調理してかさ増しとかに使えばいいのかもしれない。


模索は続きます。



コミュニケーション

ハロー悠祐です。もう芸人さんの名前みたいになってきましたね。ちょっとお気に入り。



あのね、

言葉は受け取る人によって感じ方が違うと思うんだ。それは、価値観やそれまでの生き方に影響されるし、表情や文体でも変わってくると思うの。


世の中はどんどん便利になって行くけど、コミュニケーション能力だけは便利にならなかった。

今はSNSを使って匿名で自分の思いを発信できる。その使い方があっていれば誰も傷つけないんだけどね。

相手のことをよく知ろうともせず、自分のことも開示せず、そんな状況で本当の話し合いなんてできるはずないんだけどね。


今はなんでも節約節約だから、時間も節約されちゃって、そうすると相手のことを知る時間も議論を深める時間もないから、自分の言いたいことだけ言って終わり。



それでいいのかな。



そんな正午。


ハブアナイスデー🤹🏻‍♀️






考えすぎだよと言われてもどうにもできない

f:id:takarabito:20171030071325j:plain

なまにく。


グッモーニンエブリワン。悠祐です。


一度寝坊すると、次寝坊するのが怖くなって眠れなくなり体調を崩す事でおなじみの佐藤ですが、今まさにそれです。


考えてもどうしようもないとか、考えすぎとか言われてしまいますが、

それを言われたところで考えるのをやめたり、何も考えなくなることなんてできなくて、何を言われてもやっぱり考えちゃうんです。


利用者さんのことも、一つ気になるとずっと考えちゃうし、他にも今まで気になって寝れないなんてことはしょっちゅう。


それを、ちゃんと利用者さんのことを考えてるとか、仕事熱心だなんて思わなくて

自分でも本当に無駄な性格だなって思う。できれば考えたくもないし、寝たい。ただただ寝たい。


そんな朝。


皆さん今日も元気にいきましょう。